インターンは教育ボランティア

夏場にインターンシップを受ける学生が増えてきています。企業側としては、採用の一環として実施するケースも見受けられるが、学生側としては、社会を知るための機会として捉えている面が多く、就職活動での本命の会社や業種以外に行き、知見を広げる機会としたいという意見が多いようです。このため、企業側は採用の一環として実施するのではなく、あくまで学生を教育するという、ボランティア精神で学生を受け入れる必要があります。また、若手社員が学生を教育することで、新しい経験につながる部分に期待をすることがメリットとしてあると考えられます。受ける側も、受けいる側も、ともにWin-Winの関係が築くことのできるものとして、インターンシップをとらえていくとよいですね。

教育現場でのインターンの実施

現代の大学や高校などの教育の現場では、学生に在学時にインターンを実施させる学校が増えてきています。就職活動の中での実施はもちろんのこと、授業の中でもインターンを実施している学校も数多くあります。学校の現場では、実際に学生が就きたい仕事を前もって経験を教育として経験させることができ、就職後にすぐに辞めてしまうことが無いようにできるというメリットがありますし、企業側にとっても、入社後に不満がぞくぞくと出てくるような環境にならずに済むといったようなメリットがあるため、学校、企業の両社にとってメリットある制度です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 海外での教育インターンについて All rights reserved